七夕そうめんの意味と由来は?簡単レシピのおすすめ 

7月7日は七夕です。七夕にそうめんを食べるって知ってますか?
七夕にそうめんを食べる意味がちゃんとあるんです。
「七夕にそうめんを食べる」は噂ではないんです。

スポンサードリンク

七夕のそうめんを意味とは?

七夕は彦星と織姫が1年に1度会える日です。
そして、七夕の行事食は「そうめん」。
でも、意外に知られていないようですね。

日本の年間行事には、それぞれの行事食があります。
(行事食とは、季節ごとの行事やお祝いの日に食べる特別な料理のことを言います)

年間行事
1月1日  お正月 おせち料理
2月3日  節分 恵方巻
3月3日  ひな祭り ひなあられ
5月5日  端午の節句 柏餅
7月7日  七夕  そうめん
8月    お彼岸  おはぎ
12月31日 大晦日  年越しそば

七夕にそうめんを食べて、邪気をはらって無病息災を願います。
昔々に平安時代の書物にも、七夕にそうめんを食べると大病にかからないと書かれていて、最初は宮中のみで食べられていましたが、その後一般民にも普及していったそうです。

おせち料理や柏餅、年越しそばは、行事食としてしっかりと浸透していますが、七夕のそうめんに関してはまだ知らない人も多いようです。

でも、七夕の行事食とは知らなくても、夏の暑さで食欲も落ちている時にはそうめんを食べることも多いので、もしかしたら、七夕の日にそうめんを食べていることもあったかもしれないですね~

七夕にそうめんを食べる由来は?

七夕そうめんの歴史は、奈良時代までさかのぼります。

奈良時代
そうめんの元祖「索餅(さくべい)」が誕生しました。
「索餅」とは、もち米の粉をこねて、細くのばして縄のようにねじりあわせたお菓子の一種で、宮中における七夕の儀式では、祟り鎮める意味で索餅が供えられていました。

鎌倉時代
そうめん作りがはじまり、いまのそうめんの形や料理方法はこの頃からです。

江戸時代
そうめん作りが盛んになり今に至ります。

奈良時代にお供え物として存在していたそうめん(索餅)が、七夕そうめんの由来となります。

織姫が糸を織るということから、そうめんを糸に関連づけられた説があったり、織姫と彦星が年に一度だけ出会う説もあります。短冊に願いごとをします。

諸説ありますが、夏の暑い季節の食欲が落ちる時期には、そうめんがピッタリですね。

そうめんを天の川に見立てたり、オクラを輪切りにして星にしたりすれば七夕そうめんが出来上がります。


スポンサードリンク

七夕そうめんの簡単レシピ

七夕そうめんといっても、特別難しい料理ではなく、簡単なものを作る家庭が多い様です。

おすすめの簡単な七夕レシピを紹介します。

星の型でぬいた食材(チーズ・ハム・卵・きゅうりなど)をそうめんに乗せるだけで、いつもと違う七夕そうめんが出来ます!
オクラは輪切りにすれば、星形になりますよ~
一緒にゼリーも作ってみては?
華やかで盛り上がりそうですね。
※そうめんに作り方は、動画1:00~です。

まとめ

いかがでしたか。簡単に七夕そうめんが作れます。
健康を祈り願って、今年の七夕には七夕そうめんを夕飯に作ってみてはいかがでしょうか?

お好きな具材を星形にしたり、いろどりを明るくすれば七夕そうめんの出来上がりです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。