中学生なのに読書感想文が書けない!宿題の書き方と例

夏休みの宿題の定番「読書感想文」は毎年頭を悩ませます~
小学生のうちなら、読書感想文の書き方を教えて、少し手伝ってあげることもあります。

「だけど、中学生になのだから、自分自身で書きあげてもらいたい。」
「いつまでも書けないからといって、親に頼られるのも・・。」

では、読書感想文が苦手で書けない中学生の子供が
読書感想文を気楽に書ける書き方のコツや、
こっそり流行っているコピペOKの読書感想文についてまとめます。

スポンサードリンク

中学生なのに読書感想文が書けない

中学生ともなれば、読書感想文がサラサラ書けるようになってるのではないかと思っていたけど、やっぱり書けない子は書けないものなんです。

夏休みの定番「読書感想文」は、中学生になっても続きます。
でも、よく考えてみたら小学生の時に苦手だった子が、中学生になったから得意になるなんてこと、ないですよね~

苦手な子の多くは、自分で苦手と思い込んでいることが多いんです。

「シンプルに本の感想をかく」それだけでいいのですが、
上手く書かないと!という意識があると、ますます書けなくなるので、
上手い下手は関係なく、評価を気にせず、
ただ書き上げるということだけを目指すといいと思います。
賞(評価)を気にしないためにも、課題図書の本は選ばないこともポイントです。

宿題の読書感想文の書き方

efc345efa29c0791864968e6d531b910_s
まず、本選びから始まります。
子供が読みたいと思った本にすることも大事です。
こっちがいいよ~とか、その本はちょっと~とか意見は言わない。
親がすすめたりしない。本人の意思で。

本を読み終えたらすぐ書かないで、まずメモを作ります。
メモには、本を読んで「おもしろかったこと」「感動したこと」「不思議に思ったこと」を3つくらい書いておきます。
そのときに、理由も一緒にかいておきましょう。

①「本との出会いのきっかけ」
この本を選んだきっかけは、テレビで紹介されていたからです。
この本は、本屋に行ったときに最初に目に入ってきて興味がわきました。

②「本のあらすじ」
簡潔にあらすじを書く。
自身の感想はいれないで、出来事や誰が何してくらいにしておく。
(あらすじに感想をいれてしまいがちですので気を付けて)

③「メモの利用」
メモを利用します。
メモの内容を、どのように面白かったかを自身や家族、友達に関連つけてみる。
全体の中で一番ボリュームが必要な部分。

④「まとめ」
本を読んで何を得たかを書く。
本を読んで自分がどのような気持ちの変化があったか。
今後の生活にその本を読んだ経験をどう生かすのか。

書き終えたら、次のことをチェックしながら読み直してみる。

・まちがった漢字はないか?
・「てにをは」はおかしくないか?
・主語述語はおかしくないか?

親は、感想文の内容に対してのついコメントをしたくなりますが、
ここで何か言うときっと子供は嫌な気分になり、
苦手意識が強くなってしまいます。
コンクールの入賞を目指しているわけではないので、
ここは、何も言わずに、内容がいまいちと感じても、
書き上げたことを評価して、終わりにします。


スポンサードリンク

中学生の読書感想文の書き方の例

efc345efa29c0791864968e6d531b910_s
どうしても書けないなら、例文を参考にする方法です。
サンプルとしてある例文を使用します。
「自由に使える読書感想文」というサイトの力を借りる方法はどうでしょう。

とにかく学校に提出することが第一優先であれば、こちらのサイトがおすすめです。
サイトの管理人がコピペを許可しています。

子供にすすめるかどうかは「自由に使える読書感想文」の使用条件などを読んで判断してくださいね~。
個人的には、一部コピペしてアレンジしてオリジナルにするのが良いと思いますよ。

読書感想文が書けなくて苦労をしている児童・生徒向けに書いたオリジナルの読書感想文。このまま読書感想文をパクるもよし。自分流に少しアレンジしてオリジナルの読書感想文風に仕上げるもよし。今年の夏休みは宿題の読書感想文から解放されたい君たちのために、学校提出に限り著作権フリー(つまりパクリ・コピペOK)、自由に使える読書感想文を大公開! 延々とあらすじだけを書いただけのつまらない読書感想文もどきや、「面白いです」「感動しました」だけのつまらない読書感想文は、去年の夏休みで終わりにしよう!
自由に使える読書感想文

まとめ

作文は数をこなせば、コツをつかんで上手くなるものです。

本当に必要に迫られればるので書く努力をするはずです。
中学生では、本人が本当に必要とは感じていないから、やる気も起きないのでしょう。

でも大学受験や大学生活や就職試験の時には、苦手だから・・なんて言い訳はできず、自ら書く気になるはずです。
親もあまり悩まずに読書感想文を受け止めたらいいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. まいまい より:

    とてもわかりやすくてよかったです!!これで宿題が終わりそうです!               ありがとうございました

    • 管理者 より:

      お役に立てば大変嬉しいです(^^♪
      読書感想文が得意でない我が子も
      なんとか終わりました・・(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。