三島の観光 吊り橋がおすすめ!楽寿園で遊ぶ、うなぎとコロッケ!

スポンサードリンク

静岡県三島があつい!!
2015年12月に完成、開業したばかりの日本一の吊り橋(三島スカイウォーク)を体験してみましょう。
三島で、食べて遊んで、1日を満喫できますよ~

三島の観光は日本一の吊り橋(三島スカイウォーク)

2015年に静岡県三島市に日本一長い歩行者用吊り橋「三島スカイウォーク」ができました。

吊り橋(三島スカイウォーク)の長さは400mあり、これは歩行者専用のものとしては日本一の長さです。
富士山や駿河湾、伊豆の山並みを吊り橋の上から一望できます。
素晴らしい景色を楽しめます。
車いすやベビーカー、ペット用のカートの貸し出しもあるので、怖がらないようでしたら一緒に歩けます。
橋の幅は、1.6mあるのでベビーカーも楽に通れますね。

足元からも下の景色も透けて見えるように工夫されているので、ちょっと怖いですがこちらも絶景になります。
怖がるお子さんもいるかな~

吊り橋(三島スカイウォーク)は、20分位で渡りきれますので、渡り切ったら展望台をめざすといいですよ。
森の中に遊歩道もあり、かわいい発見(森からのメッセージです)があるので、そちらも楽しみに!

営業時間
9:00ー17:00(チケット販売は30分前に終了)
※強風や雷など悪天候の際は、通行を制限する場合があります。

休園日
年中無休

駐車場(無料)
普通車 400台(障がい者用5台含む)
大型車最大 28台

入園料・当日券
大人   ¥1,000
中高生  ¥500
小学生  ¥200
※障がい者割引制度があります。

三島の観光スポット 楽寿園で子供と遊ぶ

約75474平方メートルの自然溢れる公園で、昭和29年に、富士山の雪解け水が湧き出す園内の景観と、自然の木々からなる庭園が、国の天然記念物および名勝に指定されました。

大人は歴史に触れ、また子供はかわいい動物と触れ合ったり、ちびっこ広場やのりもの広場で楽しめます。
また、授乳室も完備されているので、小さなお子様連れでも安心して遊べます。

開園時間
4月~10月 9時00分~17時00分(最終入園16時30分)
11月~3月 9時00分~16時30分(最終入園16時00分)

休園日
毎週月曜日(月曜が祝日や振替休日の場合はその翌日が休園日)
年末年始(12月27日~1月2日)

入園料・当日券
【 個人 】  300円    
【団体料金】  270円 ※30名以上で団体料金

入園料・その他
4月29日「市民の日」はどなたでも入園無料。
 (三島市民以外の方も無料)
•15歳未満の方
•学生証を提示された学生の方
•三島市内在住の70歳以上の方(市内在住と年齢を証明するものをご提示ください)
•年間入園券は、1,000円

駐車場料金
専用駐車場はこちら
•車(園外専用駐車場)2時間まで200円、以後30分毎に50円(満車82台)
•車椅子使用者(駅前口)車1台につき200円
•大型バス(要予約)無料(満車8台)

スポンサードリンク

JR三島駅のすぐ南(徒歩3分)に位置し、うっそうとした森に囲まれた広さ約71,850㎡の自然豊かな公園です。
園内 には約160種の樹木が生育し、約30種の野鳥が観察することができます。
自然に触れて癒しにおすすめです。★楽寿園の地図や周辺情報はこちら【楽天たびノート】」★

三島うなぎとコロッケを堪能する

三島のグルメは、やはり三島うなぎですね。
うなぎ好きな方もそうでない方も1度ご賞味ください。

三島うなぎは、臭みを取り除いたうなぎなので、今まで苦手なだった人も、臭みが気にならずに召し上がれるかもしれないですよ。

◆三島うなぎの特長
富士山の雪解け水が湧き出す水の都「三島」です。
うなぎを三日三晩この湧水にさらし、余分な脂と特有の臭みをおとします。
湧水で身をきゅっと引き締めた三島のうなぎは、この機会に是非!
三島うなぎ人気ランキング

みしまコロッケを食べ比べてみる

8b5c1f114bf690daaf35120144c80153_s
少し小腹がすいてきたら、おすすめなのが「みしまコロッケ」です。
お店で「みしまコロッケ」の情報満載MAPをもらって、それを見て回ると良いでしょう。
お店によって値段も、味のバリエーションが違うので、食べ比べすると楽しいです。
桜えびいり、わさびいりなど、静岡ならではのアレンジもあります。
揚げたてのほくほくの「みしまコロッケ」を楽しんでください。

【みしまコロッケとは】
箱根西麓でとれた三島馬鈴薯(メークイン)だけで作られたコロッケ。
三島馬鈴薯は、甘みがあるのが特長なので、コロッケににすると甘みが増してとても美味。

このみしまコロッケですが、中国・上海でも大人気!だったそうです。
平成27年11月27日~12月5日に中国・上海の百貨店で販売をし、1パック(8個入)が日本円で約1,730円~1,900円と日本の約3倍の高価格にも関わらず、予想を上回るースで完売したそうです。
食べておきましょう~。

まとめ

三島はいま人気のあるスポットです。
2015年12月に完成したばかりの吊り橋(三島スカイウォーク)が目玉になっていて、
三島うなぎやみしまコロッケや楽寿園など、食べて遊んでと楽しめるんです。

yubi2あと、駐車場近くのトイレも要チャックなんです。
こだわりの清潔感のある「ラグジュアリートイレ」なんです。
女性トイレには日本庭園を設けてパウダールームも完備です。
ぜひ立ち寄ってみて~

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。