喪中のお宅へのお中元やお歳暮のマナー!添え状を同封して贈ろう

喪中のお宅へのお中元やお歳暮を贈ることはNGなのでしょうか?
今回は、喪中のお宅へ贈ることがマナー違反にならないのか調べてみました。
お中元やお歳暮を正しく贈れるマナーを紹介します。

スポンサードリンク

喪中の方へのお中元やお歳暮贈ってもいいの?

まずは、喪中のお宅にお中元やお歳暮を贈っても良いのでしょうか?

答えは、「良い」です。
喪中でもお歳暮やお中元を贈って失礼・・・と言う事はありません。

お中元やお歳暮は、お世話になった方々へ感謝の気持ちを伝える贈答の習慣です。
なので喪中であるから贈ってはいけないということにはなりません。

お中元とは、本来お盆の日に先祖供養をするとともに、
お世話になっている人々に贈答しあったのが起源なのです。

お中元やお歳暮には、贈って嬉しい、贈られて嬉しいが根本です。

なので、お中元やお歳暮のお品はお相手が生活する中で、
喜んでもらえるお品を意識し、想うことが大事ですね。

ちなみに、喪中の方への年賀状はNGとなりますので気を付けましょう。
また、お中元やお歳暮は、お祝い事ではないからといっても
あまり華やかな物は避ける方が良いでしょう。

喪中の方へのお中元マナー知りたい

お中元は送っても失礼にはなりませんが
ちょっと気遣いをするなら・・
のしに気遣いをするといいかもしれません。

紅白の水引はかけず、白無地の奉書紙か無地の短冊に「お中元」と入れる。

スポンサードリンク

先方にご不幸があったばかりで49日も明けても明けていないような場合には、
お贈りするのは忌明け後(四十九日以降)にしたほうがよいでしょう。
忌明け後まで待つとお中元の時期を逃してしまう場合には、
「暑中お見舞」として贈る方法もありますね。

お中元に添え状を同封すれば気持ちも伝わる!

添え状についても、喪中向けの内容にする必要はありません。
喪中であるという内容には触れず、感謝の気持ちと相手の方の体調を気遣う内容にします。

目上の方への送り状

拝啓 暑気厳しき折柄、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
日頃は、公私にわたり何かとお世話になり、心より御礼申し上げます。
つきましては、お中元のしるしまでに、本日、○○を別便にてお送りいたしました。
ささやかな品ではございますが、何卒ご受納くださいますようお願い申し上げます。
ますますの酷暑にお身体を崩されませぬよう、何卒ご自愛専一にお過ごしください。
本来ならば、直接お伺いしてご挨拶申し上げるべきところ、誠に失礼とは存じますが、
略儀ながら書中にて、お中元のご挨拶を申し上げます。 敬具

平成○年○月○日

このように、喪中の方であっても通常の送り状と同じ内容でも失礼にはなりません。

はがきも、カラフルなものは避けて、シンプルなデザインのものにしましょう。

まとめ

喪中のお相手にお中元を贈るのは問題ないことが分かりました。

でも、相手の方があまりに落ち込んでいてやっぱり気が引けて・・
と思うようでしたら、少し時期をずらして、お中元でなく
『暑中御見舞・残暑御見舞・寒中御見舞』などで贈ると良いと思います。

贈る方の気持ちも、受け取る方の気持ちも大事にしたいですからね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。