麦茶ポットの汚れが気になる!白い斑点の正体と洗い方のコツ

夏になると麦茶!ですね。
やっぱり麦茶は冷蔵庫に常備されて、いつでも飲めるようにしておくと家族もうれしいです。

そんな麦茶のポットの汚れについてまとめました。

スポンサードリンク
  

麦茶ポットの汚れはなに?

麦茶のポットの汚れといえば・・

*ゴムパッキンの黒ずみ
*白い斑点
*水あか

などが多いですね。

誰しもが経験する汚れです(笑)

ゴムパッキンの汚れはカビですね。
まめに洗っていても、やっぱりカビつきますね。

では、このカビをどうやって落とせばいいでしょう?

一番簡単なのは、漂泊剤です。
漂泊剤には、塩素系と酸素系があるので気を付けましょう。

今回のゴムパッキンのカビ汚れには酸素系漂白剤をおすすめします。
塩素特有のにおいはないし、さらに手にも優しいのが特徴です。
必ず粉末の酸素系漂白剤を使いましょう。
(塩素系はゴムパッキンが劣化しやすいです)

40℃以上のお湯2Lに対し、大さじ1杯の粉末を溶かし
ゴムパッキンやポットを一晩つけ置きします。
まな板の漂白にも使えます。

麦茶ポットの白い斑点の正体は?

麦茶のポットについている白い斑点の正体は
カルキの結晶で、水あかなんです。

スポンジで力をいれて洗っても、爪でガシガシ削っても
または漂白剤につけても、頑固でなかなかとれません。

あまり強くこすってポットに傷がついてしまうと雑菌がつきやすくなって繁殖しやすいため
おすすめしません。

やっっかいな白い斑点を簡単に落とす方法があります!

クエン酸を使います。
クエン酸だったら、口に入る麦茶のポットの洗浄にも安心して使えます。
1%くらいの濃度のクエン酸いりのお湯を用意して、
その液に1時間くらいつけ置きします。その後スポンジでこすればスルリと落とせます。
クエン酸は100均でも簡単に購入できるのでお試しください。

またクエン酸でなくても食用酢などで代用もできます。
お酢の場合は1Lのお湯に対して100mlのお酢を入れ、一晩おきます。

スポンサードリンク

お酢の場合は、匂いがきつく感じるかもしれません。
カルキ落としは、麦茶を作る限りご縁があります。
なので、クエン酸を購入してまめにお掃除したほうが衛生的で経済的だと思います。
クエン酸水を作って常備しておけば、まな板やシンクの掃除やトイレ掃除にも使えるのでとっても便利ですよ。

豆知識
クエン酸はエコ洗剤の代表。
レモンや梅干などのすっぱさの素がクエン酸です。
消臭効果や抗菌効果もあります。
クエン酸水でトイレの水垢汚れ落としにも効果発揮します。

クエン酸水の作り方
水・・100ml クエン酸・・小さじ1/2
スプレーボトルに水とクエン酸を入れまぜる。

麦茶ポットの洗い方のポイント

麦茶ポットの洗い方は、すでにまとめましたので参考にしてください。

環境に優しいクエン酸やお酢を使って汚れを落としたり
粉末の酸素系漂白剤を使ってさくっと汚れを落とします。

この2点に関しては、他のお掃除などにも積極的に使用できる成分なので
購入しても損はないですよ!

私も使ってますから。

あとは、麦茶ポットを、プラスチックからガラス製に替えるのもいいでしょう。
やはりプラスチックはお手軽ですが汚れがつきやすいという点が気になりますね。
ガラス製であれば、耐熱でしたら出来立ての熱い麦茶をそそいでも大丈夫ですし
ガラス製のポットはおしゃれなものが多いですね。

お子さんが小さくて心配・・なんてこともあると思いますが
次に買い替えるときは、ガラス製もチェックしてみるといいですよ!

まとめ

麦茶ポットについてまとめました。

なんだか記事を書いていたら、麦茶が飲みたくなってしまいました。
冷たく冷やした麦茶をごくごく飲むのも好きですが
暖かい麦茶をゆっくり飲むのもすきなんです。

ノンカフェイン飲み物なので、小さなお子様からお年寄りまで
安心して飲める美味しい麦茶をどうぞ・・。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。