お風呂のカビの原因は?正しい掃除の手順でカビ対策は完璧!

お風呂場はどうしてもカビが発生してしまいます。

この前、ちゃんと掃除をしてカビもとったのに・・
換気もしてるのに・・

小さなお子さんがいると、カビが原因でアレルギーになるかもとこわくなりますね。
見えないカビの胞子が沢山飛んでいるなんて、恐怖です( ゚Д゚)

そして特に梅雨の時期は、カビが大量繁殖しやすいので、いつも以上に気をつけないと、黒い点々があちらこちらになんてことにも。

カビはなぜ発生するのか?
どうすればカビが繁殖しないのか?

カビ予防がしっかりしていきましょう。

スポンサードリンク
  

お風呂のカビの原因を探る

カビにはいろいろ種類がありますが、お風呂場にいるカビは「黒カビ」です。「黒カビ」は水に濡れたところや湿気の多いところに生えるカビとしては代表的存在です。

黒カビとは、湿気が多い場所に生えるカビ。見た目は黒く、繁殖力も強いカビ。乾燥等にも強いカビ。アレルギーの原因にもなるカビ菌。

カビが発生する条件
*汚れ
  カビは汚れ・垢・石けんカスが大好物
*湿度 70%
  カビが発生しやすい
*温度 20~30℃
  カビが繁殖しやすい
*酸素
  空気に触れることで活性化する

「黒カビ」に好物や快適な環境を与えなければ発生しません。

お風呂の掃除の手順

カビ予防には、快適な湿度・温度・汚れが重要なことがわかりました。
では、具体的に、毎日のお手入れで何をすればいいのかお伝えします。

【毎日のお手入れ】
①スポンジで汚れをおとす
お風呂場がまだ濡れているうちにスポンジで汚れを落とします。
汚れがやわらかいので洗剤はいらない。

②冷水シャワーをお風呂場全体にかける
冷水シャワーを浴室全体にかけて、お風呂場内の温度を下げ、湿度を下げる。
冷水シャワーをかける順番は、天井→壁→床で。

③水分をふきとる
雑巾で水分をふきとります。天井は手が届きにいので、長い柄に付いたスポンジ(ホームセンターに売ってます)などを使うと便利です。
または、水切りワイパーでおおまかな水分をとり、雑巾でふく方法もあります。
水分が取り除くことで、湿度が下がります。

④お風呂場の換気、乾燥
窓を開けるか換気扇を2時間以上まわします。

この手順は、最後のお風呂あとに、お手入れをするのがポイントになります。

スポンサードリンク

お風呂のカビ対策にコレはおすすめ

【毎日のお手入れ】で、カビの発生はだいぶ抑えられますが、ウチのお風呂場のように窓がなく、そして換気扇の効きが弱い場合は、「バイオ お風呂のカビきれい」を併用するといいですよ。

「バイオ お風呂のカビきれい」とは
浴室の天井中央に取り付けることにより、バイオがカビや悪臭の原因となる物質を抑える防カビ剤です。繁殖しながら、浴室内を酵素でコーティング。その活動を繰り返すことによって、浴室内のカビの増殖を防ぎ、汚れにくくします。

バイオがカビや悪臭の原因となる物質を抑えてくれます。
天井に貼っておくだけで、あとはバイオがお風呂場内に広がってカビの発生を防いでくれます。

小さなお子さんのいるお宅も安心して使える商品です。

ウチつかってますが、完全にカビが生えてこないというわけではなく、カビの発生が抑えられているという感じです。
効果は感じられますよ!

http://item.rakuten.co.jp/kenkocom/x704550h/

まとめ

今回は、私も実践したことを紹介しました。
【毎日のお手入れ】は、最初は面倒だな~と思いながらはじめましたが、今ではお風呂からでるときにササッとやってしまいます。
毎日やっておくと、カビもつかないですし、洗剤も使わないですむので手あれもなくなりました。

定期的なお手入れも1か月に1度になりました。
おすすめします(^_-)-☆

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。