浴衣の手入れ 洗濯かクリーニングどっち?帯の洗濯方法は?

夏は、花火大会やお祭りなど楽しいイベントがあります。
いつもの服装ではなく、浴衣を着ていく機会もあって楽しいですね。

さて浴衣を着た後、洗濯はどうすればいいのか気になりますね。

汗をかいて汚れたな・・と感じた時や、シーズンが終わったときには、洗濯をしてしっかりと汚れを落としておきましょう。
そうすれば、また来年も気持ちよく浴衣を楽しめますね。

浴衣の洗濯は、お家洗濯かクリーニングか迷います。
浴衣は大きいので洗いにくいこともあって、クリーニング店に頼んむ人もいるようですが、自宅で洗濯も簡単です。

クリーニング店に出したほうが良いケースもあるので、そちらについてもまとめました。

スポンサードリンク

浴衣の手入れ お家洗濯で気を付けるポイントは

浴衣の洗濯は思っている程難しくないので、洗い方を覚えて、まめに洗濯してみましょう。

準備するもの
*中性のおしゃれ着用洗剤
*洗濯用ネット
*要らない白い布(色落ちチェックする)

洗い方

1.浴衣の素材を取扱い絵表示で確認
大抵の浴衣は洗濯機で洗えますが、心配ならご使用の中性お洒落着洗剤にHP参照

2.色落ちしないか確認
始めて洗うときは必ず確認しておきます。
目立たない裾部分に洗剤の原液を直接つけて、5分後に白い布をあてて軽く押さえる。
もし色落ちしたら、洗剤は使わず水洗いする。

3.汚れや染みをチェック
浴衣のエリが汗や皮脂で汚れている場合は、洗剤を直接つけて、キャップでなじませます。

4.たたんでネットに入れる
浴衣をたたみます。(汚れやすい裾がいちばん外側にくるようにたたむ)
洗濯ネットは、たたんだ浴衣がピッタリ入る大きさがベストです。
(洗濯機の中で、ネットに固定されて型くずれしないように)
*注意*
事前の色落ちチェックでは大丈夫であっても、いざ洗濯機などで洗たくすると色が移ってしまうことも充分考えられます。そのようなリスクもふまえて、1点洗いすることをおすすめします。

5.洗濯機をまわす
洗濯機の種類によりますが、「ドライコース」や「手洗いコース」で洗濯します。
いつものお洒落着洗いをする感覚であらえば大丈夫です!
*注意*
脱水はしわ予防のため1分以内で。

6.形を整え干す
もの干し竿(あれば着物用ハンガー)にかけて、形を整え、しわをのばします。
日光に当てると色あせする場合があるため、風通しの良い場所に、陰干しします。
もの干し竿に干すとなると、日光にどうしても当たってしまう場合は、着物用に干すか、自分でハンガーを自作して、家の中にで干しします。
自作のハンガー→ハンガーを棒(ツッパリポールなど)の真ん中にテープでつける。

浴衣の手入れ クリーニングに出すべき浴衣とは?

「有松・鳴海絞り」の浴衣は、クリーニング店に出したほうがいいでしょう。

「有松・鳴海絞り」は、国の伝統工芸品にも指定されている、絞り染めの名称です。
木綿布を藍で染めたものが代表的な、とても美しい模様が生まれる技法です。
特殊な浴衣は、自宅での洗濯には向かないようです。

もし、持っている浴衣がクリーニングに出すべき浴衣かどうかが不明な時は、呉服屋さんに相談してみるといいでしょう。

お母様やおばあ様から譲り受けた浴衣だと、わからないことってありますよね。

クリーニング店の価格の相場
1000円~3000円位

大事にしている浴衣は、安くてラッキー、高ければ安心というわけでもないので、安心できるクリーング店にお願いしたいですね。


スポンサードリンク

浴衣の手入れ 帯の洗濯方法は素材で違ってくる

浴衣の帯は、浴衣のように頻繁に洗うものではありません。
でも、汚れが気になるようでしたら、浴衣と同じように洗濯できます。
半巾帯の洗濯は素材によって異なりますが、ポリエステルなどの洗えるものでしたらお家でOKです。
ただ、絹や帯芯が入っている帯の場合は、家での洗濯は危ないので、プロのにお任せしましょう。

【帯に洗濯機マークや手洗いマークがついている場合】
浴衣同様、ネットに入れて「ドライコース」や「手洗いコース」で洗濯します。
1分以下の脱水後ハンガーにかけて干します。色汗が心配なので、日光にあてないで日陰干しします。

【帯に「洗濯機マーク」や「手洗いマーク」がない場合】
家での洗濯はやめて、クリーニング店に頼みます。

クリーニングに出す程でもない場合は、しわをのばして湿気をとり、適当な大きさにたたみます。くるくる丸めて保管でもいいですね。

まとめ

浴衣のお手入れや洗濯は、そんなに難しくないですね。
汗をかいたらこまめに洗濯することを私はおすすめします。

汗ジミやにおいがついて取れなくって・・失敗したなんてことのないように。

yubi2参考記事>>洗濯機で糊付け方法、畳み方のアドバイス

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。