日焼け止めクリームの使用期限は?紫外線吸収剤は安全な成分?

気候も良くなってきて日差しも強くなってきました。
肌の日焼けが心配になってきますね~。

5月頃から紫外線はぐ~んと強くなってきますので
しっかりと紫外線対策したいですね。

「たしか昨年購入した日焼け止めクリームが残ってたはず・・」

ということ多くないですか?

実は、私は残っている日焼け止めクリームを平気で使用しています・・。

でも、それってお肌にとって大丈夫なんでしょうか?
肌に直接塗るの日焼け止めだから抵抗もありますね。

私もとっても気になるので早速調べてみました。

スポンサードリンク

日焼け止めクリームの使用期限はあるの?

あります!日焼け止めクリームには使用期限があります。

基本使用期限は、1年といわれています。

(日の当たるような場所に持ち出さずに常温で保管された状態で、
匂いや状態が購入時と変わらない場合)

ですから、ワンシーズンで使い切るつもりでいたほうがいいですね。

開封後は酸化が進んで、
特に日焼け止めは紫外線カットのための成分の劣化が早く、
1年を過ぎると、表記のSPFの効果は全くなくなっているそうです。
防腐剤も1年以上の効果はないようです。

そうなると単なる、油と化学薬品の混合液になってしまうだけです。
使用してかぶれなくても、日焼け止め効果がないものを塗ることになるので
意味のないものになってしまいますね。

また、もしも1年以上の前に購入したものを使用する際は
パッチテストをして肌トラブルがないかを確認しましょう。
敏感肌の方などは、パッチテストをおすすめします。

パッチテスト:腕の内側などに少し試し塗りをして、24時間以上肌に異常がないか調べる。

知らなかった~
私の場合、もったいないからと平気で昨年の日焼け止めを使用していました。
・・2年前の日焼け止めを塗っていたこともありました(/ω\)

もっと早く知っていたかったわ~

「ワンシーズンで使い切るのが理想」といえます。

日焼け止めクリームの紫外線吸収剤はおすすめしない!

日焼け止めクリームの選び方のポイントを抑えて
自分に合った日焼け止めを見つけましょう。

日焼けを止める成分は、「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2種類があります。

紫外線を物理的な力ではじく「紫外線散乱剤」
吸収した紫外線を別エネルギーに変えて放出する「紫外線吸収剤」

わかりやすくまとめてみます。

スポンサードリンク

【紫外線吸収剤の特長】          
・白浮きしにくく伸びが良い        
・肌への負担がかかる            
・肌の刺激になりやすい           
・日焼け防止の効果が高い

紫外線吸収剤は日焼け防止の効果が非常に高く、白浮きしづらいというメリットがある反面、吸収した紫外線を化学反応によって赤外線や熱に変えて外へ逃がすので肌への負担がかかりやすい。


【紫外線散乱剤の特長】

・白浮きしやすい
・肌への負担がかかりにくい
・低刺激で優しい

紫外線散乱剤は、やや白浮きしやすい製品が多いですが低刺激のため、敏感肌の方でも使用できるメリットがある。表示方法は「紫外線散乱剤」もしくは「紫外線吸収剤フリー」「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル処方」と記載されています。
刺激を感じやすい方もいます。

敏感肌の方は、紫外線散乱剤(ノンケミカル処方)のものを選んだ方が良いでしょう。

日焼け止めは安全な成分のものを購入しよう!

肌に直接塗るものなので、優しい低刺激な成分を選びます。

きちんとしたものを選んで、自分の肌をいたわってあげる。

きっと年齢を重ねたころにその成果が表れてくるんです。

肌への刺激になるものは、紫外線吸収剤やSPF・PAだけではなく、
その他の成分にも肌へ刺激を与えてしまう可能性はあります。

強い防腐剤のパラベン・石油系界面活性剤・アルコールなど
できるだけ避けて、敏感肌の方にもやさしい低刺激な成分を選ぶことが大事です。

次の成分を基準に日焼け止めを選んでみてください。

  *無香料
  *無着色
  *アルコールフリー
  *防腐剤フリー
  *無鉱物油
  *石油系界面活性剤フリー
  *紫外線吸収剤フリー(または紫外線散乱剤(ノンケミカル処方))

サンプルをもらってつけ心地を試してみるのもおすすめです。

  

まとめ

いかがでしたか?

使用期限があるということがわかりました。
日焼けをしないために日焼け止めクリームを使用しているのに
効果のない無駄なもの(使用期限切れ)を塗っていては意味がありません。

もったいないですが古いものは使用しないで処分しましょう。

はい、私も処分します・・。

最後のもうひとつ

日焼け止めはしっかりと落とさないと肌トラブルの原因になりますので
その日焼け止めに合った方法で落として下さい。

専用クレンジングでないと落とせない強力なタイプもあるので
記載されている内容も確認しておきましょうね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。