子供の傘のサイズの選び方は?グラスファイバーが丈夫で安全

子供用の傘のサイズは、大人と違って、サイズが豊富です。

どのサイズのすればいいかな~と悩んだりしませんか?
すぐに大きなるからとちょっと大きめの傘を選んだり。

でも、小学生になったときはちょっと慎重になりました。
学校の登下校では、ランドセルを背負っているし、雨風が吹いて大丈夫かな?
心配になりますよね。

大きめがいいのか、それとも小さめがいいのか?

重いランドセルを背負って傘をさすことを考えると余計にサイズ選びが重要かな?と思います。

サイズだけでなく、小学生の子供の傘選びに役立つと思います。
是非参考にして子供に合う傘を見つけてください。

スポンサードリンク

子供の傘のサイズ

子供の傘選びは、表を参考にして選んでください。
ただ、傘メーカーによっては、多少サイズが異なる場合もあるので、実際にさしてみることを推奨します。

子供はすぐ成長するので、つい大き目の傘を与えてしまいがちです。
大きな傘は取っ手を持つと重いので危険です。
子供傘の大きさには規格があるので、身長に合った正しい大きさの子供傘を選んでくださいね。

子供の傘の選び方や注意点

子供傘を選ぶ際は、安全面に一番のポイントを置いて選びましょう。

①傘の先が平らで安全
子供同士で遊んでいて、傘の先が当ってしまったなんてことになっても、大きなけがにならないように安全のために、とがっていません。
kasasaki

②傘の一部が透明
前方が良く見える透明ビニールの窓がついて安全です。

③反射テープがついている
反射テープがついているので、薄暗くなってもどの方面からも反射してアピールできます。

④安全手開き機能つき
ロックの部分にカバーを付け指を挟まない設計になっています。開閉が簡単で指が痛くないから、特に小さなお子さんにはおすすめです。

⑤サイズ選び
ちょうど小学1年生の身長だと115cm前後でしょうか。
合う子供傘のサイズは50cmか55cmになるかと思います。

どちらのサイズがより良いのか、迷うところでもありますね。

ランドセルを背負うので、ランドセルまで濡れないように大きめの傘の方がいいのか?風にあおられてしまって危ないのでは?

なかなか悩むと思いますが、お子さんの性格や通学路にもよるので一概にもこっちが良いとは言えないです。

ちなみにうちの場合は、通学路が吹きっさらしの道だったので、風が強く、あおられることが予想できたので、迷たときは小さい方のサイズを選んでいました。
あと、すぐに傘をなくしたり壊したりと、乱暴に扱う子供だったので、しょっちゅう買ってました。なので、いつもジャストサイズの傘を購入していました。

もし、大事に使えるお子さんなら、長く使えることを考慮して、迷ったら、大きい方でもいいのではないでしょうか。


スポンサードリンク

子供の傘はグラスファイバーが丈夫で安全

子供は傘で思いもよらぬ遊びを考えだします。
ガラガラと地面を引きずったり、わざと裏返しにしたり。

なので丈夫な子供傘には、しなやかなグラスファイバー骨を使っている傘がおすすめです。
耐久性は1番です。
丈夫でしかも軽く、サビないので長持します。

まとめ

透明な窓があって、反射テープがついて、グラスファイバーの傘
が安全で丈夫です。
子供の傘を選ぶ際は、このおすすめポイントで!

お値段は500円位から様々です。
色やガラは、お子さんの好きなものをどうぞ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。