お中元の時期は関西と関東では違う!恥をかかないマナー紹介

お中元を贈ろう!

お世話になった方に感謝の気持ちを込めて贈り物をする習慣が「お中元」です。
ちょっとした決まり事はありますが、あまり堅苦しく思わずに気持ちを贈りましょう。

ポイントさえしっかりとおさえれば大丈夫です!

スポンサードリンク

お中元の時期は関西と関東では違うの?

お中元はいつ頃贈るのが常識なのでしょうか?

実は、贈り先の地域によって時期が違うのです!
えっ!?と思いませんか?
私も知りませんでした・・( ゚Д゚)

お中元とは「お盆の時期に贈るもの」

ということは、関西と関東ではお盆の時期は異ります。

東京のお盆は7月、関西地方のお盆は8月ですよね。
なので、お中元の時期も違ってくるということなのです。

<お中元を贈る時期>
関東地方:7月1日から15日ごろまで
関西以西:8月1日から15日ごろまで

ここで勘違いしてはいけないのは
あなたの住んでいる地域の時期ではなくて
贈る相手先の地域の時期ということです。

あなたが関西に住んでいて、贈り先の義父母の住まいが関東であったら
7月1日から15日ごろに贈るのが良いということですね。

お中元の時期は関西はいつから?

最近は、6月くらいからお中元ギフトを贈り始める方が多くなるなど
早まる傾向にあるようです。

でも、できることならしきたりやベストな時期に贈れるといいかもしれません。
受け取る側にも感謝の気持ちや誠意が伝わるのではないでしょうか。

しかし、最近では地域差がなくなりつつあり、
関東地方で7月15 日を過ぎてお中元で贈ることや、
関西地方で7月早々からお中元で贈ることも多くなってきています。

もしお中元の時期が過ぎてしまっていても大丈夫です。
『暑中見舞い』『残暑見舞い』などとして贈れます。

関西地方
8月1日から15日ごろまで「お中元」
8月16日から8月23日頃までは「残暑お見舞」
関東地方
7月1日から15日ごろまで「お中元」
7月16日から8月7日頃までは「暑中お見舞い」
8月7日頃から8月23日頃までは「残暑お見舞」

「暑中お見舞い」だと、贈られる側も堅苦しくなくていいですね。
時期をしつように気にしなくていいし、
暑中見舞いなら全国一律なので安心です。

スポンサードリンク

梅雨明けを待って実際には7月の終わりあたりに送ればよいのですから(^_-)-☆

お中元の時期とマナーがポイント!

お中元を贈るタイミングはわかりましたね。

最後は品物の送り状について説明します。

お中元の品物を贈る際に品物には送り状を添えましょう。

お中元を配送する場合は、届くよりも先に「送り状」で
“贈り物をお届けする”ことをお知らせするのがより丁寧だとされています。

特にお中元は「季節のご挨拶」ですから、贈り物が届く旨だけでなく、
相手を気遣うひとことも添えるといいと思います。

「送り状」には、発送時期(到着時期)やどんな品であるかもお知らせ
できるとお相手も助かります。
ただし、押しつけがましくならないように気をつけましょう。

身内や親しい間柄なら、電話で伝えてもいいですね。

お仲人さんや目上の方に贈る場合の文例もあるので参考にしてください。

【目上の方へ贈る場合の文例】

拝啓 酷暑の候、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素はひとかたならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。
つきましてはお中元のおしるしまでに、別便にて〇〇(商品名)をお送りいたしました。
〇月〇日頃には届くかと存じますので、ご笑納いただけますと幸いに存じます。
時節柄、お身体の具合を崩されませぬよう、何卒ご自愛くださいませ。
本来ならばお伺いするべきところ、まずは略儀ながら書中をもちまして
ご挨拶申し上げます。 敬具

こんな感じでOKです。

送り状のはがきは季節感のある上品な絵柄のはがきもステキですね。
また、かもめ~るも楽しみがあっていいですね。

また、何かの理由でお中元をやめるときは、
まずお中元を贈らずに暑中見舞いの手紙を出し、
その年の末にはお歳暮を贈ります。
そして、翌年末のお歳暮をやめるという風に
段階的にやめるようにするのがよいでしょう。

まとめ

お世話になっている方に感謝の気持ちをこめて贈る季節のご挨拶がお中元です。
あまり難しく考えずに、感謝の気持ちで品物を選び、贈る・・
きっと気持ちが伝わります!

    

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。