雨の自転車はレインハットにレインコート!理由と人気のわけ

梅雨時期、雨の日が多くなってきました。
雨が降っても、自転車での外出はしないといけない。

それなら、快適に雨の日の外出したいですね。

今レイングッズとても進化していて、便利な物が揃っています。

雨の日の雨対策を紹介しますので参考にしてください。

雨の日も楽しく過ごせるように、好みに合ったレインハットやレイングッズを見つけてくださいね。

スポンサードリンク
  

雨の日の自転車はレインハットが絶対便利!

雨の日は視界が悪いので注意して運転をしないといけないです。
雨だけではなく風も吹いていたら、風の強さにもよりますが、自転車の運転は止めたほうがいいかもしれません。

自転車の傘さし片手運転は道路交通法違反です。

雨の日の自転車に「かさべえ」は、片手運転にはならないので違反にもならず、使用もとても便利ですが、強い風が吹いているような天候時は、「かさべえ」使用しての傘さしは控えましょう。
傘が強風であおられて、自転車のバランスを崩して転倒!なんてことに。危険です。

雨の日に限ったことではないですが、両手でしっかりハンドルをもって自転車を運転することは道路交通法でも定められています。

そうなると、雨の日の自転車に乗るときは レインハット+レインコート がおすすめです。

レインハットが飛ばされない工夫さえできれば、雨の日の自転車乗りには1番のスタイルなります。

自転車ではレインコートにレインハットが安全!

雨の日は、レインコートやかっぱを着ますね。
頭は、レインコートについているフードを被ってぬれないように防ぎますが、レインコートのフードでは安全とはいえません。

フードをかぶって自転車を運転すると、周囲の確認のために横を見たり、後ろを振り返ったりしたときに、フードの中で顔だけまわってしまって見えない事ってありませんか?
フードは視界が狭まる、
顔の向きをかえる(振り返ると)と見えない、
音も聞こえにくい、
と短所があります。

視界が悪くなるといった点から、フードをかぶって自転車に乗るのはあまりおすすめできません。

安全面や機能面で安心できるのは
レインコート(合羽)を着て、レインハットを被る の組合せになります。

レインハットは雨の日の自転車で人気爆発!

レインコート+レインハットのスタイルは、雨が強い日や風がある日には雨を防ぎきれません。
雨が多いときは苦痛を感じます。

でも、雨が多い時でもこの組み合わせ(レインコート+レインハット)でも視界が悪くならないコツがあるんです。

それは・・・
 「レインハットをかぶってから、フードをかぶる」 

レインハットをかぶって、
レインコート・かっぱのフードをかぶり、
フードについる紐をあごの下でしっかりと締めれば、
視界が確保できて、フードだけの時と比べる断然快適です。

また、風でレインハットが飛ばされるといった心配もなく快適です。

このときのレインハットは、キャップタイプもOKです。

この時にレインハット(キャップ)のツバとフードをピンで留めると固定されてさらに良いです。

スポンサードリンク

レインバイザーは雨の日の自転車に乗る人のために開発されたレイングッズ。
雨で化粧を崩したくない人におすすめの雨バイザーで、眼鏡をかけていても使えるので人気があります。
レインバイザーの使用は、フードをかぶった上からレインバイザーを使用した方が効果的です。

顔がぬれずに視界良好!
割れにくく透明度の高いポリカーボネードを使用しています。

まとめ

個性的なレインハットを紹介しましたが、機能面はすごくいいです。

見た目を気にしてちょっとと思うかもしれませんが、雨に濡れないという点に関しては、しっかりクリアしています。

夏のサンバイザーだって、出始めた頃は、ちょっと目立ちましたが、今ではそんなこともなくしっかり認知されていますよね。
レインバイザーの認知も時間の問題では・・と思っている私です。

私も愛用しているので、仲間が増えるととても嬉しいですね^^

片手運転にならない便利な「さすべえ」の記事

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。