赤ちゃんの日焼け止めは必要?散歩は大好き。いつから塗る?

気候も良くなってきたので、赤ちゃんと一緒に外に出てお散歩も楽しいですね。
赤ちゃんも外の空気に触れると、良い刺激を受けて健やかな成長を促せますね。
赤ちゃんも家の中とは違った表情を見せてくれて、ママも嬉しくなりますね。

お散歩は、赤ちゃんにもママにとって良いことばかりです。
毎日に日課にすると生活リズムも整ってこれまた良いですね。

ママはしっかり日焼け止めを塗って日焼け対策をしているのに
赤ちゃんは無防備・・なんてことはないですか?

昨今は、温暖化の影響で日差しも強く、肌の影響も少なくありません。

デリケートな赤ちゃんと日焼け止めについて知っておきましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんに日焼け止めは必要?

必要か必要でないか・・
ハッキリと断言はできないですね。

ママの考え方もあるし、そして赤ちゃんの肌の体質、生活形態などを考慮すると
ケースバイケースといったところだと思います。

塗らない理由
赤ちゃんには日光浴が大切。日に当たることでビタミンDが合成される。作られたビタミンDは骨を形成する。
日焼け止めは皮膚の表面を乾燥させて肌荒れを起こすこともある。
鉱物系の油などは日光によって油が酸化され肌荒れを起こす。個人差はあるが皮膚トラブルが起こる。

塗る理由
紫外線は肌にある免疫細胞にダメージを与える。年齢に関係なく有害である。
幼少の頃より紫外線対策が推進されている。
母子手帳の内容が改訂になり、「日光浴」がなくなり「外気浴」に変わっている。

それぞれの理由から、生活の状況に合わせて塗ったり塗らなかったりで良いと思います。
例えば、レジャーなどで長時間外にでている場合などは、やはり日焼け止めは必要だと思います。
また、毎日のちょっとした散歩では、時間帯にもよりますが、日差しの強くない時間帯なら
日を遮るものを利用たりして散歩すれば、必要ないのかもしれません。

スポンサードリンク

赤ちゃんの日焼け止め対策は散歩の時に

散歩の時は、ベビーカーや抱っこが多いでしょうか?
日差しの強い時間帯を避けて散歩をしたり、
日傘やベビーカーのシェードを上手く利用して赤ちゃんに日が当たらないようするといいですね。
やはり日に当たらないと健やかな成長を促せませんからね。

真夏や、昼前後の時間帯に散歩をするのであれば、日焼け止めを塗ってあげたほうがいいですね。
紫外線でダメージを受け皮膚トラブルになってもいけません。

お散歩は11時から3時の時間帯は避けてあげて
ビーカーの日差しはサンシェードで防いであげるなど気を付けましょう。
UVカットの帽子やUVカットのパーカー、長袖を着るのも日焼け止め対策です。

ママの負担にならない方法で、赤ちゃんを日焼けから守ってあげましょう。

赤ちゃんに日焼け止めはいつから始める?

今は、日焼け止めも多く販売されていて
ベビー用も沢山ありますので大人用を使わずに年齢に合ったものを使用しましょう。

SPF値が高い=落ちにくい
つまりSPFが高いものは肌に負担がかかるということです。
赤ちゃんの肌には、SPFの低いものをまめに塗りなおすことをおすすめします。

まめに塗りなおすことが日焼け止め効果が発揮されます。
ですので、SPF値の低いものをまめに塗りなおすがベストです。

日焼け止めが肌に残っていれば負担となります。
帰宅したらしっかりと洗い流しましょう。

また、日焼け止めは多少なりとも肌の負担になることはわかりましたので
赤ちゃんの様子や散歩の状況をみて、いつから日焼け止めを使うときめずに使用するといいでしょう。

紫外線吸収剤、ベビー用、洗い流せるタイプなど選ぶ

購入した際は、赤ちゃん使用する前に自分で使用してみたり
顔以外の肌に試してみるなどして、赤ちゃんが肌トラブルを起こさないように配慮しましょう。

まとめ

日焼け止め使用は、ママの考え方次第ということでしょうか。

ママの願いはただただ
大事なわが子を肌トラブルから守ってあげたい

ということですよね。
あっという間に成長してしまう赤ちゃん。
可愛い赤ちゃんと今を楽しく幸せに過ごしてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。