保温弁当箱は夏でも大丈夫なのか?食中毒は?車中置きのコツ

毎日のお弁当づくりお疲れ様です。

大事な人がお昼に美味しく食べてもらえるよう、おかずを工夫したり、食中毒にならないようにと心配りして作っているお弁当。

お昼に温かいご飯のお弁当を食べられるって本当に嬉しいものです。

でも、夏の暑い時期の保温弁当箱の温かいご飯って、腐ってしまわないのかな?と疑問に思いませんか?

「お弁当は冷やしてつめましょう」といいますよね。

今回は、夏の保温弁当箱の使用についてと夏のお弁当作りの注意をお伝えします。

スポンサードリンク
  

保温弁当箱は夏でも大丈夫?腐らない?

保温弁当箱は夏など暑い時でも大丈夫です。

Q 保温弁当箱は一年中使えますか?夏など暑い時でも大丈夫ですか?

A 一年中ご使用いただけます。
  夏でも、熱々のごはんをたっぷり入れてください。
  おかずはよく冷ましてからフタをしてください。
  また腐敗した食品を食べて、体調不良の原因になりますので、次の点を必ずお守りください。
   •生もの・乳製品など腐敗しやすいものは入れないでください。
   •食品はできるだけ早く(6時間以内)一度にお召し上がりください。
   •車の中など高温になるところには放置しないでください。

   出典 http://www.thermos.jp/support/

と、サーモスのお客さまサポートで回答しています。


雑菌が増えると食品は腐ります。

雑菌が増える条件は、温度にあります。
sa-mosu2

温度35℃前後になると急激に最近は増殖します。
逆に考えると、35℃前後の状態にならなければ雑菌は増えないというわけですね。

保温弁当箱の仕様では、ごはんに関しては35℃前後の温度ならないようなっています。
つまり、雑菌が増殖しにくく、腐らないということです。

保温弁当箱のごはんは、ご飯容器本体に入れ、保温ケースに入れますよね。
この保温ケースがポイントなのです!

グラフをみてわかるように、6時間経過しても温度は60℃以下にはなりません。

でもおかずの保温ケースはありませんので、しっかりと冷ましてからおかず容器にいれないといけないですね。

生もの、乳製品など腐敗しやすいものは入れないでください。

お弁当の保管時間の目安は6時間以内です、時間が経つと腐敗が進むので早いうちに食べることが大事です。

ごはんが中途半端な温かさでは、お昼になるまでに冷めてしまいます。
そうなると腐食がすすむこともあるので、熱いごはんを容器にたっぷり入れ、保温ケースに入れます。

おかずはよく冷ましてからフタをします。

保温弁当箱で夏の食中毒が心配?

食中毒の症状は、下痢や嘔吐や発熱などが主な症状です。

食中毒の原因は、食中毒菌の繁殖です。
なので、細菌をつけない!増やさない!やっつける!食中毒を防ぐには細菌をどれだけ抑えられるかにかかっています。

スポンサードリンク

お弁当作り 細菌をつけない!

・手をしっかり洗う
・調理器具の熱湯消毒
・生肉・生魚の扱い

お弁当作り 細菌を増やさない!

調理直前まで冷蔵庫・冷凍庫に保存する。
温度がポイントとなり、菌は30~40度が増殖至適温度で増殖スピードが早くなって、時間経過によって食中毒を起こす可能性が増えます。

お弁当作り 細菌をやっつける!

多くの細菌は加熱すると死滅するので、火を通しましょう。
前日の夕飯の残りなどをお弁当につめるなら、しっかりと火を通します。

保温弁当箱を夏の車内に置くなら気を付けること!

真夏の炎天下+車内にお弁当・・・どう考えても
最悪な状況下ですよね。

車をなるべく日陰となる場所に停めたり、車内でもなるべく涼しい場所にお弁当を置いてもらいたいですね。

とはいっても、運転していればずっと日陰にいるなんてこと出来ないですよね~

じゃあ、暑さに勝つために、保冷材を使って冷やしましょう!

保温弁当箱を入れる専用ポーチがありますね。
専用ポーチの中に保冷材を沢山いれて、おかず容器を冷やして、35℃の増殖温度に近づかないようにしましょう。

そうすれば、菌の繁殖を防いで安心して食べることが出来ます。

保冷材はしっかりと冷やすためなので市販の保冷材をおすすめします。
ケーキなどについてくる保冷材ではあまり持続性がないので、ホームセンターやキャンプ用品で使用するような保冷材を使用するといいです。

そしてさらに、専用ポーチが入る大きさの保冷バックを用意して、保冷材と専用ポーチに入ったお弁当をしまいます。
これでOK!

キャンプ用の保冷材は結構強力なので、夕方になっても冷たいままです。

うちは、これで夏も安心してお弁当食べてもらってます!

まとめ

夏でも、保温弁当箱使用することは大丈夫なことがわかりましたね。

でもでも、油断は禁物ですからね。

*おかず作りのおまけ*
ミニトマトのヘタは取りましょう⇒ヘタ水分汚れが残っていると腐食しやすい
卵焼きはしっかり火を通す⇒サルモネラ菌が繁殖する恐れあり
ポテトサラダは腐食しやすい⇒生野菜(キュウリやタマネギ)から水分がでてきて腐食がすすむ。
練り物には火を通す⇒普段はそのまま食べてもお弁当には火を通す

ちょっとしたことだけど、大事な人を守るために!ですね(^^♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。