パナマ帽の汗染みや補修は自分でできる!手入れや保管方法のコツ

パナマ帽は、戦前、紳士用の正装としてカンカン帽と共に
夏に愛用されていた帽子。

パナマソウの葉を細く裂いた紐で作られる、夏用のつば付の帽子です。

夏のお洒落な帽子として愛用者も多くいます。

そんなパナマ帽を長く愛用するための簡単なケア方法をまとめました。

スポンサードリンク

パナマ帽の汗染みができてしまったら

実はパナマ帽は、夏用の帽子ですが汗は大敵なのです。

普段、使用後にそのままにして、シミが出来ていたなんてことは
よくあること・・。

気付いた時にはもう手遅れということもあります。

「汗は染みになる前にこまめに拭きましょう」と言っても難しいですよね。

気になるシミができるのは仕方のない事かも・・。

【シミのとり方】

1.水で濡らしたタオルをきつく絞りシミの部分を丁寧に拭く。
(水分が多いと縮みの原因になりますので注意する。)

2.乾いた布でよくふき、リボンのシワを伸ばし、
全体の形を整えて風通しの良い日陰で乾燥させる。

水拭きでも取れない頑固なシミにはベンジンも効果的ですが、
失敗すると凹むので、ベンジンでのシミ抜きは専門店や販売店にお願いした方が良いかもしれません。

【スベリ、リボンの汗臭い匂いのとり方】

市販されている消臭剤(ファブリーズ、リセッシュなど)を布にしみこませて
裏からスベリ、リボンを丁寧に拭く。

また、手あかなどの軽い汚れは、消しゴム等でこするとよいでしょう。

パナマ帽の手入れ方法

そのままにしておくとシミになって、
気付いた時にはもう手遅れということも少なくありません。

普段は帽子を脱いだらすぐ、軽くふいて汗や簡単な汚れを落とし、日陰で風を通しましょう。

スポンサードリンク

【お手入れ方法】

1.帽子全体を軽くなでるようにブラッシングをする。
編み目から埃を取り除く。

2.スベリにブラッシングをする。
帽子を掌で優しく支えてシワを伸ばすようにブラシをかける。

3.次に清潔な布を水(またはベンジン)で濡らし、きつく絞っておく。

4.丁寧にふいて汗や簡単な汚れを落とす。

※汚れがひどい場合は、帽子専門のクリーニングが必要になります。

パナマ帽の保管方法

シーズン中、常にかぶる時はフック掛けでも大丈夫ですが、
オフシーズンには、形がくずれないようきちんと収納します。

お手入れをして乾燥させた後、ボール紙などで輪を作り、帽子に被せ、
逆さま(クラウンが下につかないようにトップを浮かせた状態)にして
形がくずれないような箱に入れ、湿気のない場所で保管します。

薄い布や和紙等で覆って保管し
をおすすめします。

低温で風通しが良く湿気の少ない場所に
薄い布や和紙等で覆って保管をしましょう。

パナマ帽を扱うときの注意

*パナマ帽を持つ時は、クラウン(頭の部分)のくぼみは絶対に持たない。
 型崩れや破れの原因となるので、両手でブリム(つばの部分)を持って扱う。

*一度破れたり折り目がついたりすると元に戻らない。

*パナマ帽は、天然素材で作られてるので、酸で繊維が傷むことがあるため
  お酢などの酸性のものにはつけないようにする。

まとめ

パナマは天然素材なので、色も徐々にあめ色に変化していき劣化も進んでいきます。

なので、こまめなお手入れで「持ち」は全然違ってきます。

気持ちよく長いお付き合いができるようにしたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。