父の日のプレゼントで娘は悩む!メッセージカードだけでも嬉しい!

6月の第3日曜日は、「父の日」ですね。
2016年は6月19日(日)

6月に入ると世の中は父の日ムードに包まれて
贈り物をしなくっちゃって気分になってきます。

父の日は「父に尊敬と感謝の気持ちをあらわす日」

6月の第3日曜日を指す。2013年は6月16日。
『父の日』と呼ばれるようになったのは『母の日』がアメリカ合衆国ではじまった1908年の翌年、母の日ができたことを知ったワシントン州に住む『ジョン・ブルース・ドット夫人』が、翌1909年「母の日があって父の日が無いのはおかしい。父の日もつくって下さい。」と、『牧師協会』へ嘆願したのがきっかけ。
1926年、ナショナル ファーザーズ・デイ コミッティがニューヨークで組織され、1972年(昭和47年)になって、アメリカでは国民の祝日となる。
ネクタイ業界が1966年に提唱して広まったイベント。
母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラ。ドット夫人が、父の日に父親の墓前に白いバラを供えたからとされている。
また、母の日と同様に近年プレゼントは多様化してきており、ネクタイやお酒、パジャマなども定番になってきている。
引用 http://d.hatena.ne.jp/keyword

でも私は日頃から父には感謝の気持ちを伝えてるし
お誕生日プレゼントに関しては、父が喜んでもらえるものをじっくりと時間をかけて選んでいます。

なので、わざわざ6月の決められた日に贈り物が必要なのかどうか疑問に思っていて。

やはり、父の日には贈り物をするべきなのでしょうか?

スポンサードリンク

父の日のプレゼントを娘から何を贈る?

父の日のプレゼントで多いのは何でしょうか?

*お酒

*ネクタイ

*腕時計

*かばん・お財布

*ベルト

*衣類(ポロシャツ・甚平)

*食べ物・スイーツ

スポンサードリンク

*花

一般的な父の日のプレゼントですね。無難な感じです。

父の日のプレゼントに悩むのは当然!

やはり娘として、感謝の気持ちをこめて何か贈り物をするべきなのか・・。
でも義務感で贈るのも何か違う気もします。

では、実際に父親はどう思っているのでしょう?

父親にとって、娘はとても可愛い存在のようです。

*どんなものでも嬉しい。
*物が欲しいとは思わない。気持ちだけで満足。
*父の日は「感謝」という気持ちを込めてくれるので、
誕生日よりさらに嬉しい。

具体的に何かが欲しいということではないようです。

の日のプレゼントはメッセージカードだけでも気持ちは伝わる!

お父さんとしては、娘が自分のことを考えてくれたんだなという思いだけで十分
ようです。

何が欲しいと聞かれても「何もいらないよ」というお父さんも多いですよね。
何もいらないよと言われても、父の日にメッセージを伝えることはしたいですね。

「いつもありがとう」「感謝してます」「仕事がんばってね」
と父親を気遣うことばで、お父さんは胸がいっぱいで嬉しいと思います。

父親にとって、娘は特別だというし、息子とはまた違った存在のようです。

離れて暮らしているのなら、電話でも良いし、メッセージカードを送るのも良いですね。

父の日当日が無理なら、早めの行動が良いですよ。
うっかり日にちが遅れたりすると、お父さんも少なからず寂しいようです。

まとめ

父の日は、贈り物をしないといけない日ではありません。

気持ちを伝える日です。
なので、お父さんのことを考える気持ち が大切なのです。

気持ちがあってのプレゼントですからね!

特別なことをしなくても、
電話やメッセージカードで「ありがとう」と伝えれば
お父さんも喜んでくれますね(^^♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。