犬にレインコートを着せて散歩する?本当の意味と必要性は?

わんことのお散歩、毎日の日課となっていると
雨だからといって「今日はや~めた」とはいかないですね。

そんなとき、愛犬にレインコートを着せるのか?
それとも着せない?

犬のレインコートについて調べてみました。

スポンサードリンク
  

犬にレインコートを着せてから散歩する?しない?

雨の日のお散歩は、ちょっとうっとしいですね。
傘とリードで両手はふさがるし、なにかと面倒なことがあります。

でも、雨だからといって、お散歩は中止できないのです。
うちのわんこは、外でしか用をたせず家では我慢してしまいます。

そんな姿をみると仕方ないな。と雨でもお散歩に行きます。

雨が降っているので、雨対策を考えますよね。
飼い主さんは傘をさしたり、雨かっぱを着たりと。

その感覚で、犬も濡れたら可哀相とか風邪ひくとか
心配になって濡れないように何か対策を考えちゃいます。

でも、
「犬は本当に風邪ひくのでしょうか?」

「雨に濡れたくないのでしょうか?」

調べてみたら、、
犬は雨に濡れたからといって風邪をひくことはないそうです。
犬の毛は脂でコートされているので、雨が身体を冷やして風邪に
という心配もないそうです。

また、雨に濡れるのが嫌いな犬もいるし
全く気にしない犬もいるようです。

そのこの性格ですね。
小型犬は比較的、雨のお散歩には行きたがらない傾向があるようです。

レインコートを着せるのはなぜ?

その代わり帰ったら、ちゃんと乾かしてくださいとありましたよ。
飼い主は心配になりますが、よく考えると犬ですから、そう心配はないでよね。

あまり好きではないカッパを着せる理由としては、泥はね防止や濡れることを防ぐためです。
濡れたままにしておくと、皮膚炎をおこしたりしやすいからです。
濡れたらしっかりと拭いて、ドライヤーで乾かしてあげれば大丈夫ですよ。

犬にレインコートを着せる意味は?

雨に濡れてもお散歩にいきたがるわんこにはレインコートを着せるのは
雨を防ぐことだけが理由ではないのです。

雨の日のお散歩で、大変なのは「泥汚れ」なんです!

スポンサードリンク

【レインコート・レインウェアを着せる理由】
*泥はね汚れを防ぐ
*雨濡れを防ぐ

つまり、飼い主の都合といえます。
犬にとっては、雨に濡れても気にしないでしょう。
でも、身体が濡れて、泥はねで汚れると
帰宅してから手入れで忙しくなります。

濡れたわんこは臭いますし、皮膚炎をおこしたりしやすいです。

濡れた身体は、しっかりと拭いて、ドライヤーで乾かしてあげます。

泥汚れについては、シャワーで汚れを落としましょう。

以上のことからわかるように
濡れを防がないと、カバーの帰宅後のお手入れに時間がとられます。

そうなるとレインコートを着せてのお散歩は、着せないよりは楽ですね。
フルカバータイプであれば、足先と尻尾だけ洗うだけでOKです。

時間に余裕があればいいですが、仕事があるので時間をかけて手入れできないですね~(T_T)

シャンプーの予定に合わせて、雨の日のお散歩ができるといいんだけど。
そんな上手くいかないですね(笑)

犬のレインコートの必要なの?正解は・・

雨の日のレインコートの必要性は、それぞれの家庭の状況とわんこの性格によるでしょう。

多少汚れたり濡れたりが、気にならない飼い主さんなら、
レインコートは着せなくてもいいように考えます。

帰宅後のお手入れを避けたい飼い主さんは、レインコートを必要と
したほうがいいと思います。

飼い主さんの事情だけでなく、わんこの性格(レインコートを嫌がるなど)も考慮して
決めたほうがいいですね。

雨の日でもお散歩に行きたいがためにしぶしぶレインコート着て、
歩きがぎこちなくなってしまい階段から足を滑らせ病院へ行く羽目になった。
なんて話もあります。

気をつけましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

今まで、雨に濡れての散歩をしていましたが
今回まとめてみて、レインコートのフルタイプを着せて
雨の日のお散歩にチャレンジしてみようとおもいます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。