喜寿は満年齢か数え年で77歳のお祝い!プレゼントのおすすめ

長寿のお祝いをすることは知っていても、ちゃんとは覚えていないものです。
60歳の還暦は、馴染みがあるのでわかる人も多いですが、その他の古希、傘寿・・と聞いたことあるけど、何歳のお祝いだっけ?と曖昧です。

数え年とか、満年齢とかあって、一体いくつのお誕生日にすればいいの??
疑問です。

今回は、そんな「喜寿77歳のお祝い」についてまとめます。

お祝いするのすっかり忘れていた~って、よくあることなんですが、せっかくこのサイトにたどり着いてくださったので、77歳 喜寿のお祝いを忘れないでしましょう^^

スポンサードリンク

喜寿(きじゅ)のお祝いは満年齢か数え年かどっちなの

長寿のお祝いには、60歳の還暦から始まり、沢山あるんです。
喜寿のお祝いは77歳のお祝いです。
表を参考にしてください。

    

    

    

名称 満年齢 数え年 由来
還暦(かんれき) 60歳 61歳 生まれ年と同じ干支に還ることから。 赤・朱
古希(こき) 69歳 70歳 唐の詩人・杜甫の「人生七十古来稀なり」に由来する。 紫・紺
喜寿(きじゅ) 76歳 77歳 「喜」の草書体が七十七となることから。 紫・紺・黄
傘寿(さんじゅ) 79歳 80歳 「傘」の略字が八十に見えることから。 紫・黄・金
米寿(べいじゅ) 87歳 88歳 「米」の字をを崩すと八・十・八に分かれることから。 黄・金・金茶
卒寿(そつじゅ) 89歳 90歳 旧字体「卆」は縦に読むと九十になることから。 白・黄・金・金茶
白寿(はくじゅ) 98歳 99歳 「百」から「一」を取ると「白」になることから。
百寿(ひゃくじゅ)td>

99歳 100歳 百歳の長寿のお祝い。紀寿(きじゅ)ともいう。 無色

数え年と満年齢がありますが、一体どっちでお祝いするべきなのか気になりますよね。

昔の習わしでは、それぞれ数え年でお祝いをします。
お祝いは、誕生日か敬老の日にすることが多い様ですから、その年内だったらいつでも良い様です。本人の体調なども考慮して、家族皆でお祝いできる日を選ぶと良いです。

数え年とは?
数え年は生まれた時点で1歳と数えます。
12月生まれでも1歳で、新年を迎えれば2歳になるという風に、
新年を迎えるたびに1歳増えます。

満年齢とは?
現在の満年齢は生まれて、次の誕生日がきて1歳になります。

つまり、喜寿は77歳のお祝いですから、
満年齢で76歳、数え年で77歳の年内にお祝いをすることになります。

2016年10月が76歳のお誕生月であれば、
2016年が数え年で77歳なので、
2016年内に喜寿のお祝いをします。

昔は、数え年が一般的であったことから、日本古来の長寿のお祝いなので、数え歳を基準としてお祝いするのが本来の長寿のお祝いのようです。

ただ、時代に合わせて変わってきている部分もあります。
絶対に数え年の77歳で!ということではなく、満77歳で喜寿のお祝いをしても良い時代になっています。
そのあたりは、お祝いをする家族で決めれば問題のないことですね。

77歳のお祝いの喜寿の意味

keirou_family
77歳の誕生日を迎えられ、特別なお祝いとして、長生きをしている方を敬い感謝のお祝いです。
喜寿のお祝いは、男性の場合平均寿命を過ぎるころにあたりますから、心のこもったお祝いをしてあげたいですね。

スポンサードリンク

まだまだ元気で長生きしてほしいですからね。

「喜寿の祝いの意味」
77歳のこと,またそれを祝う賀礼。
喜寿の由来は「喜」の字が草書体で七十七、と読めるところから来たものです。

江戸時代の国学者,大国隆正の喜寿の詠草に
「ななそぢに七つあまれる喜びは
あらたなる御世にあへるなりけり」
とある。

77歳の喜寿のお祝いの次は、傘寿(さんじゅ)80歳のお祝いになります。

「三年後の長寿のお祝いもまた皆でお祝いしたいね!
だから元気で長生きしてね」
と伝えることで、ご本人も元気に毎日を過ごせます。
次も喜んでもらえるようなお祝いの会を開きたいですね。

子供のお誕生日会の準備をしているような気持ちに少し似ていませんか?
私は両親の長寿の祝いの準備をしていると、そんな風に感じます・・^^

77歳の喜寿祝いの喜ばれるプレゼント

お祝いのプレゼントは何がいいでしょう。
皆で集まって会食をしてプレゼントや花束を渡すというのが一般的です。
旅行に行くのもいいですね~。

お祝いをする家族が遠くに離れて暮らしている場合も多いものですから、皆が集まるのは容易ではないでしょう。
でも、都合をつけて集まってみると、また良い思い出ににもなるものです。

もちろんお祝いされるご本人は、自分のために集まってくれた気持ちが嬉しいでしょう。

写真撮影を忘れずに!!

プレゼントの相場

両親へのお祝い:2万円~3万円
祖父母へのお祝い:1万円~2万円
親戚へのお祝い:5000円~2万円
親族以外へのお祝い:1万円前後

贈り物におすすめはこれ!

77歳ともなると、もうすでに色々と物を持っているし、
欲しいものはないよ~というケースも多いようです。
もちろんリクエストがあれば、欲しいものをプレゼントしたいですが
特にないようであれば、オリジナリティーのある特別な品物が思い出に残って良いでしょう。

ちなみに私は実際に、言詩屋(ことうたや)の言詩をプレゼントしましたよ。

言詩で伝える感謝の気持ちのメッセージボード

言詩屋(ことうたや)http://kotouta.com/

名前で詩を作る世界に一つだけの言詩(ことうた)額入りです。
喜寿のお祝いに合わせたメッセージが贈り物になます。
名前を入れたあたたかい詩を作ってくれます。

父親の名前を使って、すばらしいメッセージを作ってくれました。
父親に伝えたいことを、作者さんに伝えると、うま~く感動的に作成してくれました。

名前を使ってのメッセージボードは他にも様々なサイトがあります。
絵や字体がそれぞれ違うので、ホームページを確認してお好みのサイトを見つけてください。

お花

お祝いの席を盛り上げるフラワーアレンジメントもおすすめです。
出来るだけ華やかさが際立つアレンジが場を盛り上げます。



喜寿のお祝いカラーは紫・紺・黄ですが、この色にこだわると、お祝いなのに地味になりがちです。ですからあまりしきたりの色にこだわらず、ご本人のお好みをイメージしてアレンジしてもらいましょう。メッセージカードにお祝いカラーを取り入れて、お祝いの言葉を添えて渡すとさらに喜ばれます。

また、喜寿のお祝いの思い出として長く残るように「プリザーブドフラワー」もおすすめです。

似顔絵祝い酒

お酒が好きなら、似顔絵付きのお酒はいかがでしょうか?
似顔絵は、気に入るまで何度も修正してくれます。

京都伏見の極上純米酒を桐箱にいれて喜寿祝いとして準備してくれます。
iwaisake2
オリジナルショップ似顔絵祝い酒

さいごに

次は3年後の傘寿 80歳のお祝いです。
傘寿のお祝いもしっかりとお祝いしたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。