旅館での心付けの渡し方は?タイミングや金額のマナーとは!

日本の旅館の宿泊代にはサービス料が含まれているので
は心付けは必要ないとの考え方もありますが、
心付けを渡したいと考えている場合(小さな子どもやお年寄りのケアなどプラスアルファのお世話をお願いしたい)は、
心付けをお渡しするケースが多いです。

そんな時の心付けを自然にスマートに渡したいですね。

旅館でのきちんとした

・心付けの渡し方

・恥をかかないタイミング

・心付けの相場

などをまとめましたので、旅館の宿泊の際の参考にしてください。

スポンサードリンク

旅館での心付けの渡し方

旅館の宿泊は、お部屋まで荷物を運んでくれたり
食事をお部屋まで運んでくれたり
布団を敷いてくれます。

宿泊代に含まれているサービスなので、
気にすることはないのですが
心付けを渡したい!そんな時の心付け渡し方を覚えておきましょう。

まず、人目に付くところでおおっぴらに渡すのはやめましょう。
お金のことはデリケートな問題なので、お互いが気まずくならないような渡し方を心がけます。

旅館にもよりますが、頂いた心付けは、各自の懐にいれるのではなく
旅館で一旦とりまとめて、その後皆で分けるようです。
担当の仲居さんに代表して渡せば、それでOKです。

*参考記事*旅館の心付けとチップの違いは?

2、3回断られたら引き下がるのもマナー

日本では心付けは頂かないという方針の旅館もありますので、
あまりしつこく受け取るまで押し問答しても印象悪くなるだけなのでやめましょう。

それでも、どうしても気がおさまらないなら
菓子折りをどこかで買っておいて、帰りの会計時に
「ゆっくりさせてもらったお礼に、皆さんでどうぞ」
といって渡す方法もありますね。

仲居さん達が休憩時間に食べられるようなおやつがいいです。
相手も気持ち良く受け取れるような配慮もステキ^^

旅館で心付けを渡すタイミング

お部屋に案内されてお茶を入れてもらって、退室するタイミングが良いです。
用意しておいた心付けを畳みの上に置いて、一言いいながら、すすす~と渡します。

仲居さんは慣れたものですので、こちらも堂々と挨拶すれば大丈夫です(笑)

何と言って渡す?

渡す時に何と言って渡せばいいのでしょうか。

「心ばかりの御礼ですが。」
「お世話になります。皆さんでお茶菓子でも、買ってください。」
「お世話になります、少しですが。」
「ほんの気持ちです。」
「お世話になります、納めておいてください。」

など。

慣れていないときは、「お世話になります」がシンプルでいいかもしれないですよ。


スポンサードリンク

旅館での心付けの金額

何度も繰り返していますが、旅館の宿泊代には、全てのサービス代が含まれているので、本来は心付けは要らないのです。

でも、感謝の気持ちから渡したい気持ちがあるのなら心付けで伝えます。

心付けの金額は
性質上気持ちの金額なので、思う金額で良いのですが
多い金額は、2000~3000円です。
もちろん1000円も十分な心付けです。

参考にしてください。

何で包んで渡す?

・ポチ袋に入れる
・ティッシュに包む

どちらでもOKです。
前もって心付けを渡す予定にしているなら
ポチ袋に新札を入れて用意しておくといいです。

事前に気遣って用意した気持ちも伝わります。
念のため、お財布の中に新札を数枚用意しておけば、
急に金額を増やしたくなっても安心です。

まとめ

日本には、もともとチップの習慣はなく、
心付けの習慣があります。
してもらうことへの感謝の気持ちです。
そっと渡すのがマナーとされてきました。

そんな習慣は外国のチップとは異なります。

日本の心付けは、気持ち豊かな日本のマナーです。
そんなマナーをしなやかに行えるといいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。