お年玉もお盆玉もあげるの?いつからの風習?相場は?

「お盆玉」ってなに?初めて耳のした人も多いでしょう。
郵便局の窓口でお盆玉袋が売られているから、何かをお金を入れるということは何となく予想できます。
でも、「お盆」で「玉」??
聞けば、あ~なるほど!と思えるはずです。

お盆玉は一体どこから沸いてきた話なのか?
そしてお盆玉とお年玉の違いや意味、相場についてまとめました。

スポンサードリンク
  

お年玉とお盆玉の違いは?

180bcf6901740b94f6bf66d6f568790b_s
お年玉とは、新年の祝いの贈り物で、子供など目下の者へ与えるお金のことで、室町時代には、茶わんや扇など様々な物がお年玉として贈られていました。

近年では、新年のお年玉はお金がほとんどで、子供はおこずかいを増やす目的で、楽しみにしています。
子供にとっては楽しみのお年玉でも、贈る方としては、親戚が多ければ多いほど、金銭の負担が大きいのも事実です。

そんな中、お盆玉が急に湧いて出てきました。
2014年郵政がお盆玉袋を窓口で販売し始め、TVでお盆玉をとりあげられたこともあって、「お盆玉」という言葉があちらこちらで聞こえるようになってきました。

お盆玉は、お盆に帰省した子供に対して、お年玉のようにお金を贈るというものです。
つまりお年玉の夏版という感じです。

お盆玉はいつからの風習か

この風習は、江戸時代に山形県大江町で始まったといわれています。
夏に奉公人に「お盆小遣い」を渡していたことが昭和の初期頃には、子供へのお小遣いに変わって、今は「お盆玉」となりました。

ということは、お盆玉=夏のおこずかいとなります。

今の子供は、お金を貰ってばかりだと思いませんか。

・お正月
・お誕生日
・クリスマス
・進学進級祝い
そして今後はお盆玉!?

子供の年齢が低い頃は少額で済みますが、中高生となると額が変わってきます。
あげるほうは大変です。

スポンサードリンク

お盆玉の相場は?

お盆玉の相場は、お年玉よりもやや少ない額が主流のようです。

ちなみにお年玉の相場は

◆小学生低学年 1000~2000円
◆小学生高学年 2000~3000円
◆中学生 5000~10000円
◆高校生 5000~10000円
2014年インターネット調査 

まだお盆玉は定着していませんが、今後はどうなっていくのでしょう。
親戚同士で前もってお盆玉をあげるか?あげるなら金額はどうするか?話しておくといいでしょう。

また、お盆玉ブームに無理に乗らなくていいと思いますが、たまにしか会えない甥っ子姪っ子や親戚の子供に何かあげたいと思うなら、メッセージ付きのポチ袋にクオカード500円分1枚を入れて渡してはいかがでしょうか。500円硬貨1枚だとちゃり~んと寂しい感じがしますが、クオカードならなんとなくカタチになります。

ポチ袋には、「少しだけど」「お手伝い料」「宿題がんばれ」「またおいで」などと書かれてメッセージ感覚で渡せるので、渡す相手に合わせたものを選ぶといいですよ。

「お手伝い料」だったら、貰う方もお手伝いしたからもらえたという意識になるのでしつけにもなります。

いつでも簡単にお金がもらえるという感覚は良くないですからね。

さいごに

お盆玉は、お年玉ほど、まだ世の中に浸透していませんが、今後はわかりません。企業が儲けるために上手くブームを作ってくるでしょうから。

バレンタイン、恵方巻がいい例です。
バレンタインに関しては、すっかり定着しています。
女性が好きな男性にチョコを贈る、がバレンタインでしたが、近年は、複数に贈る友チョコも一般的です。
そうなると、チョコレートの売上もすごいものでしょう。

お盆玉も、この先どのような形に変化するかわかりませんが、あまり、惑わされないようにしたいものですね。気をつけましょう(笑)

*参考記事*お盆玉の由来は郵便局?専用ぽち袋はコレがお洒落!

*参考記事*お盆玉のいつから?相場は?ポチ袋に入れて孫にあげるの?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。