お盆玉のいつから?相場は?ポチ袋に入れて孫にあげるの?

お正月のお年玉は習慣となっていて、帰省した孫にお年玉をあげる人は多いと思います。
おじいちゃんおばあちゃんは、孫の喜ぶ顔を見るのが楽しみですよね。

お年玉の他に、お盆に帰省した孫に「お盆玉」をあげる習慣が広がり始めているのを知っていますか。
TVで特集を組まれたり、ポチ袋があったり、「お盆玉」は徐々に浸透され始めています。

また、初めて聞いた人もいると思いますので、この「お盆玉」についてまとめてみました。

スポンサードリンク
  

お盆玉はいつからの習慣?昔からあった?

お盆玉の歴史は、江戸時代に山形県大江町で始まったといわれています。
最上川で栄えた商家で夏に奉公人に「お盆小遣い」を渡していました。
そのころは、お金ではなく、物(下駄や衣類など)を奉公人に渡す習慣だったのですが、昭和の初期頃には、子供へのお小遣いに変わっていきました。
今でいう夏のボーナスのようなものですね。

郵便局では、お盆玉袋を販売して、お盆玉の習慣を定着させようと宣伝しているようですね。
わざわざお盆玉などといった言葉をわざわざ使うこともないような気もします。
余計な習慣は作らないでほしいといった意見も少なくはないです。

shoes_geta

「お盆玉」とは夏にお渡しするお小遣いのことで、江戸時代の一部地域では奉公人に“お盆小遣い”を渡す習慣がありました。当時はお金ではなく衣服や下駄などを渡していましたが、それが、昭和初期頃に子供へお小遣いをおくる習慣になったそうです。最近では、夏に帰省したお子様、お孫様、久しぶりに会う親戚のお子様へお渡しするお小遣いとして注目されています。
この機会に、夏にお渡しするお小遣い袋として「お盆玉袋」はいかかでしょうか。日本郵政㈱

お盆玉の相場は?

お孫さんにとってお盆玉は、お年玉同様お金がもらえるので嬉しいでしょうが、あげるほうはどうでしょう。
お孫さんの人数が多かったり年齢で、金額もそれなりになり負担になることも考えられます。

スポンサードリンク

お盆玉の習慣が定着する前から、お盆に帰省したお孫さんにお小遣いをあげているなら
特には何も問題ないですが、今までお年玉はあげていても夏のおこずかいはあげていないなら、負担に感じてしまいますね。
この先どんどん世の中に浸透して、バレンタインや恵方巻のようなことになったら、お孫さんももらえるものといったスタンスになるとあげる側としてはちょっと・・。

では、お盆玉の相場は?

お盆玉が取り上げられ始めたのが最近のことなので、特に決まった相場がないのですが
目安として、小学生 1000~3000円、中学生 3000~5000円 高校生 5000~10000円

お盆玉は、お小遣いとしてあげようと思う金額で良いです。
この金額をあげないといけないということはないです。

お盆玉の袋は郵便局で買える

お子様やお孫さんへ夏におくる「お盆玉」はいかがですか~と日本郵政㈱から
お盆玉のポチ袋が7月から販売されます。
22
3枚入り 162円(税込)
夏の可愛い柄がいいですね♪

ほかにもロフトなどでも買えます。
数年前に「お盆玉袋」が販売され始めて、毎年売上が伸びています。
注目はされているので今後も日本の習慣として定着するかもしれません。

まとめ

まだ知名度の低い「お盆玉」ですが、今後は「お盆玉」がお年玉と同じ扱いになって、孫への支出が多くなり、祖父母も厳しいおさいふ事情になりそうです。

「お盆玉」はポチ袋など関連商品を売るため、新習慣の定着をもくろんでいるのが見え見えで、なんだか気分が悪いです。
日本郵便が積極的に販売するのも、最終的にお盆玉をゆうちょに貯金してほしい!ということです。

日本人は、はやり始めるとすぐに乗ってしまうけれど、乗る気がしない習慣には乗らないを貫いてほしいですね。

*参考記事*お盆玉の由来は郵便局?専用ぽち袋はコレがお洒落!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。