初盆の香典 友人の親の相場は?友人としての服装やマナー!

初盆は、亡くなられたかたを初めて迎えるお盆のことです。

一般的には、親戚以外の友人知はの初盆のお参りはしないものですが、お世話になった友人の親御さんへのお悔やみの気持ちで、お参りやお香典をしたい人は多いものです。

今回は、地元・実家を離れていて、実家への帰省時に、友人の親御さんの初盆にお邪魔する際のお香典や服装のマナーについて紹介します。

スポンサードリンク
  

初盆の香典 友人の親が故人

地元(実家)を離れて生活していると、友人の親が亡くなられたことを知らず、亡くなられてずいぶん経ってから、知ることもあります。

「今更だけど何かしたい」と思いますよね。
とても仲の良い友人だったり、昔お世話になった友人の親だったりすると、色々な想いもあって、何か・・と考えるものですね。

何を?いつ?すればいいのか。

基本的には、亡くなったそのことを知った時点ですぐにお香典の用意をします。
そして、友達に直接お悔やみの言葉と一緒にお渡しするのが良いでしょう。

でも、地元を離れていて、友人に直接会うことが難しい場合などは、郵送でお香典を送る方法もありますが、夏の帰省の際に、つまり初盆に用意するのも良いですね。

一般的には、初盆には親戚以外の人は参加しないものなのですが(地方のしきたりにもよりますが、一般的にです)
仲の良い友人の親御さんだったり、生前に仲の良かった方に対しては、一般的なマナーはあまり関係ないと考えます。

お相手も「非常識だ、失礼だ」とは思わないはずです。
初盆に友人のお宅を訪問して、お参りし、お香典やお供物をお渡しするのは非常識ではなく、喜んでいただけるはずですから。

訪問する際は、お気持ちのお香典、お供物を一緒にお渡しするといいでしょう。

初盆の香典の相場 友人の父親・母親の場合

友人の親御さんの香典の相場は、3000円~5000円が良いでしょう。
もちろん友人とのお付き合い度で、前後しても構わないです。
友人の初盆のお参りというのは一般的ではないので、はっきりとした相場があるわけではありません。
ですから、金額は少なくても多くてもお相手に失礼はないはずです。

もし、友人が気をつかってしまうだろうと、お金に少し抵抗があるのでしたら、お供物に金額をかけてもいいですね。
フルーツの盛り合わせや気の利いたお菓子やゼリーの詰め合わせなどどうでしょうか。

スポンサードリンク

昔からの友人だと、好きな物の好みも知っていたりするので、友人が喜んでくれるものでも失礼にはならないですよ。

初盆のお香典表書き

宗教によって違うこともあるので、聞くのが一番良いのですが、分からない時には、一般的な表書きが無難です。
「御仏前」
「御佛前」
「御香典」
「御供物料」
「初盆お見舞い」
などで大丈夫です。

紙幣の入れ方は、
・表側(人が載っている方)が袋の表側。
・金額の数字の方が上。

お葬式やお通夜の紙幣は新札はNGですが、初盆の場合は、もらった相手が気持ち
良いように新札の方がおすすめですです。とはいっても、新札だと・・というなら、新札をキレイに半分に折って、折り線をつけても良いですね。

水引きの下には、薄い墨ペンなどでフルネームを書きます。
最後に、香典袋はふくさで包み、シワや汚れから守りましょう。

初盆での服装やマナーについて

次に初盆での訪問の際の服装ですが、正式な服装ですとやはり喪服になります。
でも、初盆での友人立場と、大変暑い時期であることから、喪服ほどかたい服装でなくても大丈夫です。

男性・・喪服または、半袖シャツや半袖ポロシャツと黒っぽいズボン
女性・・喪服または、黒っぽいワンピース、半袖ブラウスに黒っぽいスカート
※半袖シャツは、襟付きのことをいいます。

ただ、格好は気にしないで。と言われていても、ジーパンは避けましょう。
(友人との関係にもよりますが、チノパンでも大丈夫だと思いますよ。)

初盆での友人のお参りは基本的には常識としてはないので、故人のお宅にお参りにお邪魔するというスタンスで良いのではないかと思います。

そして、友人やそのご家族にお悔やみの気持ちが伝われば良いのではないかと考えます。

まとめ

地元・実家に帰省して、昔から知っていたおじさんおばさんを思い出すと、昔の子供の頃を思い出したりするのではないでしょうか。
懐かしいですね。
亡くなられた方を思いだして、昔話をすることが、亡くなられた方の供養にもなりますから、是非、帰省と初盆が重なるであればお参りされるといいでしょう。

また、訪問出来る時であれば初盆にこだわらなくていいので、常識にとらわれることなく、あなたに合った形で気持ちをお伝えしてください。
大事な方に心を込めたあなたらしい気持ちと伝えることが大事ですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。