夏の冷えで不調!冷え性をくつ下で改善する方法は良い対策!?

夏、オフィスや電車の冷房が効きすぎて、寒くて1枚多く着たり、ひざ掛けが欠かせなかったリと夏の冷えに悩んでいる女性は多いです。
クールビズが推奨されているといってもまだまだ冷房がかかりすぎていると感じます。

夏冷え性の女性が増えている理由や症状、そして今後の体への影響などをまとめます。

スポンサードリンク

夏の冷えで不調だらけ

冷房の効いた室内と暑い室外の温度差が自律神経のバランスが乱します。
その乱れによって毛細血管が収縮し、血行が悪くなることで冷えを感じるようになります。
1日中冷房の冷気にさらされていると、当然体を冷やし続けることになり、ますます夏の冷え症の体になっていきます。

reten01-001夏の冷え性はどんな?
reten01-001顔や上半身はほてるのに膝から下は冷える
reten01-001手足などにむくみがでる
reten01-001肩こりや頭痛がある
reten01-001手足が冷たい
reten01-001食欲があまりなく下痢か便秘

冷え性は病気ではないですが、その症状を放っておくといいことはありません。
胃腸機能が低下して、便秘や下痢、倦怠感、食欲不振などさまざまな身体のトラブルが起こり悩まされることになります。夏バテを引き起こす原因にもなります。

また、夏冷え性がひどくなると夏の時期だけでなく、1年中冷えを感じて、血行不良やホルモンバランス、自律神経の乱れにつながり、不眠、気分の落ち込みなど様々な体調不良を引き起こしてしまいます。

女性の場合は、冷えによって生理不順、不妊といったことにつながるかもしれないので、おかしいなと気付いた時点で、自分に合った改善法を見つけましょう。

夏の冷え性を改善する

「冷え取りくつ下は冷え性にいいの?」

冷え取りくつしたはデトックス効果もあるとブームになりました。
冷え取りくつしたは、足を温めて身体も温めるための靴下の重ね履きです。

2枚重ね履きから、4枚重ね履きの上級者用まであります。
メーカーによって材質は違いますが、基本はシルクの靴下(5本指や指無し)を履いてからカバーソックス(綿やウール)を重ね履きします。

くらしきぬの冷えとり靴下は、シルク5本指+ウール5本指+シルク先丸+ウール先丸4枚です。
こちらの冷えとり靴下は、とにかく心地よく体まであったかくなるとリピーターも多いです。

たしかに冷え寒さを防ぎ、足はぽかぽかになりますが冷え症が完全に改善されるものではありません。
つまり、足が冷えることなく温かく過ごせます的なものです。
こだわって作られた「くらしきぬ 冷えとり靴下」は、私も気になっている靴下です。

スポンサードリンク

くらしきぬの冷えとり4足セット(ウール)ベージュ
価格:4936円(税込、送料別)

冷えの改善法には2種類の方法がある

「一時的な方法」と「根本的な原因を改善方法」です。

◆一時的な方法は、冷え取り靴下のような温めるということ。

◆根本的な原因を改善方法は、血液のめぐりを良くすることです。

毛細血管をよみがえらせてドロドロ血液をサラサラ血液にして、巡りがよくなると冷え性は改善されます。

血液のめぐりをよくするために
・運動をすると毛細血管が増えると巡りがよくなる
・血流をサラサラにするには、ゆっくり呼吸しながらできる運動がベスト
・深い呼吸をする
・ストレスを溜めない

冷え性は病気ではありません。
日々の生活習慣の生活を見直して改善し、健やかな生活を心がけることが大切なようです。
血のめぐりが良くなり、血行不良が治れば、くすみやしわもできにくくなって、美容にも良いですね。

夏の冷え性の対策

冷えをためこむと、数年後に冷えが原因となる症状がガツンと出るので要注意です。
冷えの対策は生活習慣の改善、食生活の改善、そして最後に漢方薬などの治療を考えてもいいでしょう。
まだ先の更年期に冷えが影響するかもしれません。

また、冷えて自律神経のバランスが崩れると、低気圧の影響で、副交感神経が優位になってしまって、うつになることもあります。そうならにためにも、今から改善の対策をしておくといいでしょう。

食生活:冷えに良いとされる身体を温める食材と摂る。
 【野菜】にんじん、グリーンアスパラガス、絹さや、小松菜、玉ねぎ、れんこん他
 【香味野菜】しし唐辛子、唐辛子、シソの葉、みょうが他
 【ハーブ】セージ、タイム、ローズマリー他
生活習慣:体をゆっくり動かす。有酸素運動。ストレスを溜めないように発散。

*参考記事*夏の冷え性を改善・解消できる?食事(レシピ)と時間帯が大切

まとめ

冷えは身体に良い影響はありません。
むしろ悪い事ばかりです。
そして将来の体の不調にも影響してくるかもしれませんから、今のうち治しておきたいものです。
毎日の努力では、うまくいかない場合もありますので、そんなときは漢方の力をかりるのも手です。
漢方は即効性はないので、飲み続けて効いてきます。
時間をかけての体質改善が大切です。

*関連記事*
冷え性で夏だって寒い!生姜が苦手でも治す食材はある!
夏の冷え性を改善・解消できる?食事(レシピ)と時間帯が大切
手足の冷える男性は薄毛になりやすい?早めの改善を!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。