冷え性で夏だって寒い!生姜が苦手でも治す食材はある!

暑い夏、外は35℃の猛暑で暑いのに、室内は寒くてたまらない。
通年冷え性の管理人は、夏だって冷え症です。

実は夏の冷え症は、意外に多いのです。
春からエアコンの影響を受け、夏になる頃には、室内外の温度差に自律神経の働きが乱れて、冷え性になる人が多いですね。

夏の冷え症を改善して、夏バテ予防しましょう。

冷え性に効くには「ショウガ」と思いがちですが、生姜が苦手な人にもおすすめな飲み物の作り方を紹介します。
管理人も飲んでますよ。おすすめ!

スポンサードリンク

冷え性で夏でも寒い

夏の冷えチェック
□ 人に比べて『寒がり』だと思う。
□ 血圧は低いほうだ。
□ 人一倍足や顔がむくみやすい。
□ 冷え症だけれども冷たいものをよくとる。
□ 腰や手足、または身体の一部に冷えがあって辛い。
□ 足が冷えるので夏でも厚手の靴下を履くようにしている。
□ 人に比べてかなり厚着をするほうだと思う。
□ 冬には電気毛布や電気敷布を使っている。
□ お風呂の際、ゆっくり湯船に浸かることがあまりない。
□ 甘いものをよくとる。
□ ほてったり、のぼせたりすることが多い。
□ 慢性的な運動不足で汗をかくことがあまりない。
□ 胃腸は弱い。
□ たばこを吸う。
□ 冷房の効いているところは身体が冷えて辛い。
□ ここ数年『冷え』の辛さに悩んでいる。
□ 手足が人より冷たいほうだと思う。
□ 冬は身体を丸くして寝るクセがある。
□ 冬や寒い日は小便がとても近くなる。
□ 夏でも熱いお茶が好きだ。
□ 顔色は人より青白いほうだと思う。
□ 体温が36℃より上にはあまり上がらない。
□ 寒い日は関節がこわばったり、痛んだりすることがある。
□ 寒い日は外出するのが億劫になる。
□ 深夜までお酒を飲む機会が多い。
□ 好き嫌いが多く、塩辛いものが好きだ。
□ 生野菜やサラダをよく食べる。
□ 冬になるとしもやけになりやすい。

0~ 5点 冷え症知らずの元気
5~12点 ちょっと深刻、冷え症予備軍
13~28点 かなり深刻、冷え症の緊急事態発令中

参考:http://www.k-salad.com/life/care/008_0.shtml

どうでしたか?いくつありましたか?
冷えは万病の元ですから、いまのうちから治していきたいですね。

【冷え症の改善対策】
◆朝ご飯を食べる
朝は交感神経の活動が活発なので、なにより朝にタンパク質を摂ることが冷え対策になります。
朝の食事が苦手な人は、冷え解消ドリンクのきなこはちみつ豆乳だけでも頑張って飲んでいきましょう。

◆身体を温める食材を摂る
身体を温める食材・食事を摂ります。
根菜やしょうが、タンパク質は、身体を温めてくれるので、積極的に摂ります。タンパク質は肉だけではなく、豆類・乳製品にも多く含まれています。

◆足を温める

座って仕事をしていたり、身体を動かさない仕事の人は、意識して動くようにします。座りっぱなしの人は、足首を動かすだけでも違うので意識して動かしましょう。
靴下やレッグウォーマーやひざ掛けなどで外からも冷やさないように。

◆睡眠をしっかりとる
睡眠不足は自律神経のバランスが乱れる原因です。自律神経がうまく機能しないと体温調節がうまくいきません。また、自律神経が正常に機能しないことか始まる睡眠障害もおこることから、睡眠と自律神経の大きな関係があります。

スポンサードリンク

◆夜はシャワーで済ませずお風呂に入る
身体を芯から温めるためにも湯船につかりましょう。38~40℃のぬるめのお湯でゆったり入ることで、カラダがしっかり温まり血行が促進されます。

冷え性 生姜が苦手で嫌い!

冷え性には生姜が一番!と言われても、生姜が苦手で食べられない管理人です。
冷え性に効くこそ有名な生姜なので本当は積極的に摂るべきとわかっていても難しいです。
生姜紅茶、生姜湯、葛生姜湯、生姜飴、生姜糖 様々な食品となって出回っていて、チャレンジもしましたが、苦手なのでうやっても・・無理ですね。そして続かないですよね。

生姜が苦手なで嫌いならば、無理して生姜にこだわらなくても大丈夫ですよ。
生姜が含まれていない冷え性に効果的な飲み物がありますから。

yubi2ちなみに…
人気の生姜ですが、実は生の生姜は冷えは改善されないのです。知っていましたか??

一時的に体がポカポカするだけで、逆に冷えを悪化させてしまいます。
生姜は温めて冷えに効きます!

ショウガに含まれている薬効成分は「ジンゲロール」と「ショウガオール」というものです。
ジンゲロールは、カラダを冷やす効果があるので、冷え性には効果はありません。

生姜の温め効果を発揮させるには、熱を加えたり、乾燥させたり蒸したりして、身体を冷やす成分ジンゲロールを、身体を内側からぽかぽかにしてくれる成分ショウガオールに変化させなければだめなのです。

夏の冷え性を治す毎朝飲みたい飲み物とは?

冷え性で生姜が苦手な管理人は、冷え性を少しでも改善したくて苦手な生姜を無理して摂っていましたが、やはり無理はダメですね。続かないです・・。

でも!生姜じゃなくても冷え症を改善できる飲み物が簡単に作って飲めるので紹介しますね。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、あさイチ(NHK)で紹介されていたドリンクです。

「きな粉ハチミツ豆乳」の作り方

・きな粉・・・大3
・ハチミツ・・・大1
・豆乳・・・200ml
甘さはお好みで調節してください

材料をすべて混ぜ合わせるだけなので超簡単です。

このドリンクのポイントはタンパク質にあります。
あさイチの実験の結果では、タンパク質が多いメニューを食べると体が温まって持続することが判明しました。

なぜタンパク質か?というと、
タンパク質の消化時に胃や肝臓が活発に働く = 熱産生が高くなる = 体温が上昇
ということです。

タンパク質というと、肉をイメージしますが、豆類、乳製品、卵なども上質なタンパク質です。
だから、きな粉ハチミツ豆乳はバッチリな冷え性に効くドリンクなのです。
きな粉ハチミツ豆乳1杯で、豆腐だと1丁、納豆だと2パック分のタンパク質になります。

そして、朝飲むことも重要です!
もちろん、いつ飲んでも効果はありますが、交感神経の活動が活発な朝の方がさらに効果があるということです。

普段朝食を摂らない私でも、朝これ一杯だけ飲んでいます。

さいごに

冷え症は早めに治しておいたほうが良いですね。
きな粉ハチミツ豆乳を飲むようになってから、午前中の冷えが少し改善されている気がします。
朝食を摂っていなかったので、毎朝、これだけ飲むだけで身体には良いです!

●参考記事●
夏の冷え性を改善・解消できる?食事(レシピ)と時間帯が大切

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。